まちの先生紹介

先生の紹介Teacher

長岡市ワンバウンドバレーボール協会の画像

長岡市ワンバウンドバレーボール協会(ながおかしわんばうんどばれーぼーるっきょうかい)

指導内容 ワンバウンドバレーボール

ワンバウンドバレーボールの基礎から教えます。(ルール、パス、レシーブ、アタック、審判等)

  • 費用

    無料

  • 指導対象

    どなたでも

  • 指導人数

    何人でも

  • 時間

    いつでも

  • 地域

    市内どこでも

自己PR

資格

ワンバウンドバレーボール審判員(1級9名、2級11名)

実績

長岡市体育協会マスターズクラブ、三島老人会、川崎小学校での講演会(桂小・日吉小・与板小・前川小・阪之上小・宮内小・北辰中・上川西コミセン)各体育館において初心者講習会、審判講習会の開催

インタビューInterview

インタビューの様子の画像1

 中央、南部、北部、西の4つのクラブに分かれて毎週練習、普及活動を行い、県大会、市内大会等にも出場しています。写真は、南部クラブの石坂会長。

 ボールを床に一回バウンドさせてからレシーブやトスをする、ワンバウンドバレーボール。ラリーをゆっくり続けるられること、ボールの衝撃をプレーヤーが直接受け止めないことにより、バレーボール未経験者や高齢者でもやりやすいのが特徴です。さらに、ボールの回転方向を調節することで、バウンド方向を操作できるという面白みもあります。

インタビューの様子の画像2

 新人が入会したときには、とりやすいボールを返す等の工夫をし、成功体験を作ることを意識しています。そうすると、入会3、4か月後には、自らワンバウンドバレーボールを面白いと感じ、継続する人が多いのだとか。

 小学校からの依頼で、会員が出向いて生徒や保護者と共に練習したり、生徒が見学に来たりすることもあるそうです。

インタビューの様子の画像3

 石坂さんによると、ワンバウンドバレーボールの魅力は「とっつきやすくて楽しい」こと。楽しむことが目標であり、より楽しむために練習を重ねます。仲間づくりや、心と体の健康づくりのきっかけとして、試してみてはいかがでしょうか。

活動動画Movie

私のアイディア提案Idea

企画名称

ワンバウンドバレーボールの実践

ワンバウンドバレーボールの普及
ワンバウンドバレーボールの基礎(ルールの説明、実技講習、審判講習)
ワンバウンドバレーボール試合

  • 指導対象

    どなたでも

  • 定員

    何人でも

  • 参加費

    無料

  • その他(特筆事項)

まちの先生を探すFind a MACHI no SENSEI