まちの先生紹介

先生の紹介Teacher

大滝 愛弓の画像

大滝 愛弓(おおたき あゆみ)

指導内容 暮らしの整理術

片づけは、時間・情報管理にもつながるスキルです。片づけの手順を通して、「選択する力」と「計画する力」の大切さを伝えます。

  • 費用

    講師謝礼(5,000円から)

  • 指導対象

    小・中学生と保護者

  • 指導人数

    何人でも

  • 時間

    いつでも

  • 地域

    市内どこでも

自己PR

インテリアコーディネート業務に携わり22年。高齢者の住宅改修に携わり16年。自立した暮らしを実現するための“暮らしの仕組みづくり”を伝えています。

資格

・ライフオーガナイザー
・整理収納アドバイザー
・インテリアコーディネーター
・2級建築士
・福祉住環境コーディネーター

実績

・新潟日報カルチャースクール講師
・新潟県高齢者大学講師
・毎月(株)オオタキクラフトで片づけの講座を開催
・家庭科での講師
・中越地域公民館での講座
・市内小・中学校

インタビューInterview

インタビューの様子の画像1

 この日は、「『利き脳』から学ぶ自分に合った片づけ講座」を行いました。
テレビや雑誌などでもいろいろな整理術が紹介されていますが、同じようにできない、実践できても長続きしない、という経験がある方もいるかもしれません。
 この講座では、「片づけの方法はみんな同じではなく、一人ひとり片づけ方法は異なる」ことを理解し、自分に合った片づけ方法について学びました。

インタビューの様子の画像2

 「自分はどんな風に見られているか」。グループになって、お互いの印象を話し合うグループワークや、「どんな自分になりたいのか、どんな風に見られたいか」を考える個人ワークを通して、自分にとって必要なものを確認し、片づけの基準を理解しました。
 また、人には「利き手」があるように、脳にも「右脳の働きが強い」「左脳の働きが強い」という風に「利き脳」があり、チェックテストを通して自分の利き脳を確認しました。
 今回は「季節の変わり目」という時期でもあり、衣替えを想定して、クローゼットの整理について、利き脳のタイプ別に、具体的にどんな整理を行うとうまくいくのか、事例を紹介してもらいました。

 「片づけ」は、モノを片づけるというイメージが強いかもしれませんが、考えや時間、情報の整理にもつながるスキルです。大滝さんの講座を通して、“暮らしの仕組みづくり”を学ぶことができました。

私のアイディア提案Idea

企画名称

片づけを通して「生活のスキル」を身につけよう

片づけのスキルは、時間や金銭管理にもつながるスキルです。片づけの手順を通して、「選択する力」「計画する力」の大切さを伝えます。
1. 片づけの手順:片づけの先に待っているのは「楽しい!!」
2. 片づける前に考えよう:自分の部屋はスッキリと気持ちいいかな?
3. ペンケースを片づけてみよう:1人1人片づけ方が違うよ
(※モノ、お金、時間・・・希望に合わせて内容をアレンジします)

  • 指導対象

    小学6年生~中学生

  • 定員

    40人

  • 参加費

    応相談

  • その他(特筆事項)

    プロジェクター使用

企画名称

1人暮らしの前に学ぶ“暮らしの整理術”

進学や就職で独り立ちする前に身につけておきたい暮らしの整理術を伝えます。
整理というと、モノの整理のイメージが強いかもしれませんが、思考・時間・情報の整理にもつながるスキルです。
新生活をスタートして直面する・家事・仕事・学び・人づき合い・お金の管理・スケジュール管理
学生のうちにゆっくり身につけていきましょう。
学生生活をよりよく過ごすきっかけにもなります。
(※モノ、お金、時間、情報・・・希望に合わせて内容をアレンジします)

  • 指導対象

    高校生、専門学校生、大学生

  • 定員

    なし

  • 参加費

    応相談

  • その他(特筆事項)

    プロジェクター使用

まちの先生を探すFind a MACHI no SENSEI