まちの先生紹介

先生の紹介Teacher

平沢 洋祐の画像

平沢 洋祐(ひらさわ ようすけ)

指導内容 漢字

漢字能力検定1級~3級レベル
教養としての故事、成語、四字熟語、ことわざ、あて字の練習

  • 費用

    無料

  • 指導対象

    どなたでも

  • 指導人数

    20~30人

  • 時間

    10:00~17:00

  • 地域

    市内どこでも

自己PR

新潟漢字同好会の会長として漢字のおもしろさをたっぷり味わえるよう心がけております。

資格

・日本漢字能力検定準1級 同1級(通産7回)合格
・中学校教員免許(国語科)

実績

・平成7年 NHK新潟文化センター漢字日本語講座講師
・平成17年より長岡市立川崎東小学校のクラブ活動で漢字指導(現在継続)
・小学4~6年生対象 年11回

インタビューInterview

インタビューの様子の画像1

 50代のとき立ち寄った本屋で漢字検定のことを知り、漢字の魅力にのめり込んだ平沢さん。漢検1級試験にも何度も合格しているんだそう。川崎東小学校の漢字クラブで読み仮名を10年以上指導しています。

インタビューの様子の画像2

 クラブがスタートし、生徒は設問と辞書を交互ににらめっこ。

インタビューの様子の画像3

 設問となる漢字は、植物、動物、食べ物など毎回テーマを決めています。この日は植物で、漢検1級レベルの難問ぞろいです。

インタビューの様子の画像4

 悩んでる生徒には、辞書の引き方はもちろん、色、形など答えのヒントを出してくれます。答えがわかると、名前の由来や特徴を説明してくれます。

 子どもたちからは、「読めない漢字がおもしろい読み方だったとき楽しい」「知らない漢字が出てくるとわくわくする。新しい漢字を覚えられる」「言葉の知識も増えた」など好評です。

 漢字の読み書きは、脳トレーニングにも効果的だとか。「子どもだけでなく大人にも挑戦してしてほしい」と指導の意欲を見せる平沢さんでした。

私のアイディア提案Idea

企画名称

難読漢字に挑戦

普段、かな、カタカナで表記している言葉を漢字で書き漢字に親しむ。
1. 資料配布 読み方を知っている漢字に読みかなを書く(20~25分)
2. 受講生の答発表(20分)
3. 正解について解説(25分)

  • 指導対象

    20歳以上

  • 定員

    25人~30人

  • 参加費

    無料

  • その他(特筆事項)

まちの先生を探すFind a MACHI no SENSEI