まちの先生紹介

先生の紹介Teacher

竹樋 協子の画像

竹樋 協子(たけひ きょうこ)

指導内容 彫金

「ジュエリーの制作」指導
彫金技法をもとに初心者にもわかりやすく材料特性(金属)を生かした製作をします。デザインから指導しますのでオリジナルのジュエリーが出来上がります。

  • 費用

    講師謝礼(1回2時間~4,000円程度)

  • 指導対象

    中学生以上

  • 指導人数

  • 時間

  • 地域

    市内どこでも

自己PR

資格

・公益社団法人 日本ジュエリーデザイナー協会 正会員
・中学校美術科教員免許

実績

・工房[協]主宰・教室指導(2002年~)
・ルミナスカルチャー教室講師(2003年~2008年)
・(財)刈羽村生涯学習振興公社「ラピカ」講師(2010年)
・長岡市栃尾美術館 市民講座講師(2011年、2012年~)

インタビューInterview

インタビューの様子の画像1

 鏨(たがね)などで金属を加飾する彫金技法を用いて、ジュエリー制作を指導している竹樋さん。デザインし、金属を切り、ロウ付けし、磨き上げるなど、トータルの工程を手掛けているそうです。

インタビューの様子の画像2

 日々、創作活動に打ち込む工房を取材しました。主に制作するのはリング、ブローチやペンダントで、素材は銀・金・プラチナを使います。銀は色に温かみがあり、柔らかいため加工しやすく、金・プラチナは硬さもあり宝石が映えるなど、素材によって特徴が異なるとのこと。金属は加工に手をかけた分だけ、形になって表れる、とても素直な素材であることが面白みだそうです。

インタビューの様子の画像3

 元々は、学生時代に陶器を勉強されたそうですが、創作活動への情熱から仕事を退職され、長岡造形大学で彫金を勉強することに。その後の発表活動がきっかけとなり、次第に方々から指導や制作依頼をいただくようになったそうです。

 自分で考えたデザインを自由に表現できることがジュエリーの魅力とのこと。小さくて緻密な作業で、自分の世界に没頭できることからも、年配の男性からのニーズもあるそうです。

 現在はJJDA(公社)日本ジュエリーデザイナー協会の会員で、「今後も創作作品を発表していきたい」と夢を語る竹樋さんでした。

まちの先生を探すFind a MACHI no SENSEI