まちの先生紹介

先生の紹介Teacher

渡辺 久美子の画像

渡辺 久美子(わたなべ くみこ)

指導内容 折り紙・おりあみの制作

折り紙やおりあみを使って季節や行事に合わせた作品作り
※「おりあみ」とは、金属の糸で織りあげた折り紙形状のもの。金属の硬さを感じさせないしなやかな風合いと、金属ならではの頑丈さを持つ性能の高い素材です。

  • 費用

    実費、講師謝礼(応相談)

  • 指導対象

    10歳~

  • 指導人数

    15人位

  • 時間

  • 地域

    旧長岡市内、川口

自己PR

小学生から高齢者まで指導可能。おりあみは新潟県で初。

資格

・日本折紙協会認定折紙講師
・おりあみインストラクター

実績

カルチャー教室講師、児童館厚生員研修会

インタビューInterview

インタビューの様子の画像1

 児童館・児童クラブで子どもが、安全かつ自主的に遊ぶことができるようにサポートする「児童厚生員」の経験を持ち、もともと折り紙を得意としていた渡辺さん。偶然訪れた東京都湯島にある「おりがみ会館」の展示作品に感銘を受け、日本折紙協会認定折紙講師や「おりあみ」インストラクターの資格(県内で一人)を取得しました。

インタビューの様子の画像2

 「おりあみ」は、金属の糸で織りあげた折り紙形状のもの。金属の頑丈さがありながら、柔らかく、折る・切る・曲げるなどのクラフト機能を持つ高性能の素材です。写真は「おりあみ」作品です。

インタビューの様子の画像3

 「たくさんの人に折り紙や『おりあみ』の作品の魅力に触れてほしい」と、児童厚生員の研修会、コミュニティセンターなどで指導しています。

インタビューの様子の画像4

 この日は、黒の画用紙に折り紙などで長岡花火を制作。

インタビューの様子の画像5

 完成した作品を並べれば、本物に引けを取らない美しい長岡花火が長生橋の上に花開きました。

 「さまざまな折り方があり、組み合わせや飾り方でいろんな世界を演出できる」と魅力を語る渡辺さん。さまざまなイベントでの作品展示や制作指導を通じて、「日本伝統の“折り”の美しさと楽しさを伝えたい」と意欲を見せています。

私のアイディア提案Idea

企画名称

親子折り紙教室

季節に合わせた飾りや遊べる折り紙を親子で作って楽しみましょう
・長岡花火
・スイレンとニシキゴイ(スタンプ)
・ハロウィン
・クリスマス
・遊べる折り紙おもちゃ

  • 指導対象

    小学生のお子さんと保護者

  • 定員

    10組20人

  • 参加費

    1組700円程度(材料により変動)

  • その他(特筆事項)

    子供との作品制作経験豊富。作品によってはおりあみ(金属メッシュ)を使ったものに変更可

まちの先生を探すFind a MACHI no SENSEI